高い金利に要注意 | 現金が急遽必要になったときは低金利な銀行系カードローンがオススメ

現金が急遽必要になったときは低金利な銀行系カードローンがオススメ

高い金利に要注意

「高い金利に要注意」のフォトです。

カードローンと聞いてまずイメージするのは消費者金融カードローンでしょう。
いわゆる「サラ金」と呼ばれるものですが、消費者金融カードローンに対してマイナスイメージを抱いている人も少なくありません。
その大きな理由となっているのが、高く設定された金利です。

カードローンはお金を貸し付けてくれるサービスですので、借りたものはいずれ返さなければいけません。
毎月コツコツと返済していくことができるため、無理のない返済計画となる点は安心です。
ただ、消費者金融カードローンの返済をしていく際、どうしても利息が発生してしまいます。
借りた金額に利息もつけての返済となるため、利息が高ければ高いほどみなさんの負担は大きくなってしまいます。
月ごとの返済ということで、1回1回の返済にかかる負担は利息がついたとしてそこまで苦にならないかもしれません。
ですが、完済してからあらためて返済金額を見てみると、最初に借入した金額の倍近い額を払っていたなんてことも充分にありえます。

消費者金融カードローンは審査の基準がそこまで厳しくなく、比較的気軽に利用できるカードローンとなっています。
最近では最初の30日以内なら無利子での返済を可能としている消費者金融カードローンも多く、これだけ見るとかなり優しくも思えます。
しかし、カードローンに頼るほどお金に困っている人の場合、そう簡単に30日以内の返済を実現できません。
結局月々の返済となってしまい、毎回高い利息がついてしまうのが関の山です。
もちろん、返済が困難になって遅れてしまうと、今度は遅延料金が別途発生してしまい、さらに負担は大きくなります。
これを防ぐため、複数の消費者金融カードローンからお金を借入している人も多いのですが、これは債務が増えて負のループとなりやすいので注意が必要です。