もうひとつのカードローン | 現金が急遽必要になったときは低金利な銀行系カードローンがオススメ

現金が急遽必要になったときは低金利な銀行系カードローンがオススメ

もうひとつのカードローン

「もうひとつのカードローン」のフォトです。

有名なのは消費者金融カードローンですが、カードローンにはもうひとつ、「銀行系カードローン」があります。
その名のとおり、銀行で受けられるカードローンのことなのですが、同じカードローンでも消費者金融カードローンと比較すると違う点がいくつかあります。

まず、消費者金融カードローンの大きな問題となっていた高金利ですが、銀行系カードローンは消費者金融カードローンに比べると低金利で借入をすることができます。
消費者金融カードローンで100万円未満の借入を申し込んだ場合、その金利は18%になります。
それに対し、同じ金額の借入を銀行系カードローンで申し込んだ場合、金利は14%程度となります。
みなさんがこの4%の違いをどう思うかはわかりませんが、実際にはかなり大きな差となります。
この違いだけでもみなさんにかかる負担は大幅に軽減されるでしょう。

また、消費者金融カードローンの場合、2010年の法改正によって総量規制がおこなわれ、最大でも年収の1/3までしか借入できなくなってしまいました。
高額の借入を希望する人だと、総量規制によって希望額が通らない可能性があるのです。
ですが、銀行系カードローンの場合はこうした総量規制がありません。
そのため、大口融資を希望する人や、消費者金融カードローンで上限いっぱいの借入をすでにしている人でも問題なく利用できるのです。